日本社会における翻訳サービスの役割

外資系の企業が日本に進出しようとすると、多くの会社はパンフレット造りやマニュアル作成のためドキュメントの翻訳をします。

ウエブサイトも日本語の翻訳が必要になるのです。資料がなければ製品の良さをアピールすることができません。英語に限らず中国語でも必ず日本語へのオーソライズが必要になります。このサービスを手掛けるのが翻訳サービスで一般的に専門の翻訳会社がコーディネートしています。このような翻訳サービスは、なぜ必要なのでしょうか。実は、「日本人ほど日本語が好きな人々」はいないからです。

日本マーケットでも英語や中国語などその他の言語でも通じないことはありません。日本語版があればそれで確認したいというのが日本人心情だと言えるでしょう。たとえ、言葉を理解していても、日本語で説明を確認したいという欲求が日本人にはあります。このため日本のマーケットで商売をしようとすると、まず翻訳サービスをしてくれるコーディネーターのいる翻訳会社を探すことになるのです。

ウエブも同じで、英語で書かれたサイトより日本語で中身を確認することができるサイトに人気が出ます。システム的に翻訳サービスを取り入れることによって日本社会では受け入れられる傾向があります。他の言語をまず確認してから購入に入ろうとは思わないのです。この意味からいえば「翻訳サービス」による日本語へのオーソライズがどうしても必要になってくるのです。日本語を理解するためにも優秀な翻訳会社と提携することが大事になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *