オフィスレイアウトはバランスが重要

オフィスレイアウトは基本の型がいくつかあります。グーグルで検索すれば挿絵や写真付きでいくつか出てくるのですが、それを見れば、なんとなく見たことのある光景だなと感じるはずです。最近は斬新なオフィスレイアウトなども多いですが、基本的なものは簡単でシンプルなものが多いです。それをまったくそのままやっていくのも良いのですが、組み合わせていくのも一つの手です。

考え方の基本として、社員からしたらプライベート空間がなるべく多い状態を好む人がほとんどでしょう。席があまり人に見えない方がリラックス状態になりやすいですし、社員からすればその方が快適です。しかし、あまりにもプライベートな感じにするとリラックスしすぎて眠くなったりしやすくなります。しかし、逆にオフィスレイアウトにプライベートがなさすぎるとストレスになる場合も多いです。

社内でのいざこざが見えないところで起きていたりするものですが、案外経営者側は気づいていなかったりします。そしてそれが社員のストレスになって辞めていくのです。このような事態はどちらも問題なので、バランスを取ってちょうど良いレイアウトを目指すと良いです。プライベート空間を確保するアイテムとしてはブースの仕切りがありますが、それの使い方のバランスです。

周りから少し見えるように配置していくことです。どっちにしてもオフィスレイアウトよりも社員間の人間関係などの方が重要なのは言うまでもありません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です