オフィスレイアウトには基本があるけれど

オフィスレイアウトには基本的な型があります。そして、多くの物事は基本の型を守ってマスターし、そこからアレンジを加えていくのが鉄則です。しかし、オフィスレイアウトに関してはその原則は不要です。最近のオフィスは特に形式にこだわっていない場合も多く、スレチックみたいになっている会社もあります。

また、社員の運動不足解消のために椅子をバランスボールにしていたりします。これなら業務中に寝ないですし、運動不足解消になるので一石二鳥でしょう。万が一ネタとしても滑って起きるのでちょうど良いです。とはいっても、基本の型を知った方が良いことは事実なので、レイアウトを検索して見てみても良いでしょう。

グーグルで検索したらその基本のオフィスレイアウトは写真や挿絵付きで出てきます。何種類かあるのですが、基本形はそれほど多くないので数種類です。見れば納得されるようなものです。どこかのオフィスでこんなの見たことあるなというように思うはずです。

そして、上述した通り最近は自由なのでなんでも良いです。基本形を組み合わせるようなことにしても良いですし、塾のように完全に個室に風にブースで区切っても良いでしょう。ブースで区切ってあると社員としては嬉しいはずですが、さぼる可能性も高くなります。個人の裁量でやっていけるので、いつの間にか寝ていたりするでしょう。

しかしまったくプライベート空間がないというのも息が詰まるので、バランスの問題です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です