オフィスレイアウト見直して快適に

オフィスレイアウトはなにかきっかけがなければ見直す機会は少ないのですが、レイアウトによっては仕事の能率が変わってきます。今のオフィスレイアウトで問題ないと感じているのは慣れからきていることもあり、機能的に見直すことでより効率的に仕事をすることができるようになるのです。組織の変更や人の異動があるような場合に見直すことができるとよく、より快適なオフィス空間にすることで働き方も変わってくるのです。オフィスで働く人の仕事は一人で集中して行うものもあれば、コミュニケーションを取りながら行うものもあります。

集中して仕事をする場合はパネルなどで座席を囲ってブース型にすることで仕事に集中することができるようになります。最近のオフィスレイアウトに座席を固定するのではなくフリーアドレスという方法で固定席をなくすという方法もあります。そのメリットは部署を超えていろいろな人とコミュニケーションを取ることができるようになります。人は仕事をする場合に続けて集中することが難しいものなので、徐々に能率も下がってくるものなのです。

このような場合は気分を入れ替えることができるリラックススペースがあるといいです。そこで気持ちを入れ替えて新しい発想が生まれることもあり、他の人とコミュニケーションをとってなにかヒントを得ることができるようなこともあります。このようにこれまで慣れているオフィスレイアウトも見直しをすることで仕事の能率が変わってくるのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です