スチールラックの金額差は組立易さの違い

オフィスや、大規模な倉庫にて、書類や商品を整列される時には意匠を拘らない場合には、スチールラックを用いるケースが多いです。このスチールラックにて通販や、一般的なオフィス家具を扱うお店にて比較してみると、大きさや棚の数は同じであっても金額に大きな差が出るケースが多くあります。これは組立後の使用に関しては大きな差はありません。使用する金属の棚を動かす事も少ないですし、重量のある書類などを置く場合でも重さで棚が曲がるという事はないでしょう。

それならば何が費用の差になってくるかというと、組立易さに大きな差が出てきます。スチールラックで費用が安い商品は、棚と柱の接合部分には旧来型のボルトとナットと呼ばれる部品を使用しており、スムーズに組み立てるには電動工具がないと重労働であり組立に時間がかかります。また、スムーズに組み立てる場合には複数の作業者が必要になってきます。それに対して費用の高い商品ですと、フックで引っ掛けるタイプの商品ですので、事前に組み立てる棚の位置に金具をセットすれば簡単に棚を自由な高さに設置する事ができます。

また棚の位置を上下させる場合にもスムーズに移動が可能です。ただ、スチールラックは倉庫などの意匠にこだわらないケースがほとんどですので、整然と分かり易く整理をする事が重要視されていますので、一度組み立てると大きな手間はかかりません。このような事を意識してスチールラックの選定をしてはどうでしょうか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です