業務用スチールラックについて

倉庫の整理やオフィス・飲食店の収納などには業務用のスチールラックが選ばれることが多いです。見た目も非常にシンプルであり景観や雰囲気を損なうこともないので、非常に重宝されています。しかしながら、この手のスチールラックを選ぶにはちょっとした注意点があります。こちらでは業務用に適した耐荷重及び耐久性、拡張性について紹介していきます。

業務用のスチールラックを導入するにあたって、まず必要とされるのが設置するためのスペースでしょう。サイズ展開は非常に豊富なので、スペースにぴったりのものを選ぶことができるはずです。定番となるのが汎用性の高い奥行き60㎝のタイプです。奥行にある程度の余裕がないと、横幅があっても活用しにくくなり、後悔することもあります。

また、定番のものでも良いですが、場合によっては収納するもののサイズに合わせて選ぶと良いでしょう。横幅と高さについては設置場所に合わせ、しっかり測定してから選ぶようにします。業務用のものともなれば、大体90㎝から180センチまで、30センチ間隔のサイズにて販売されています。高さに関しては大型ラックであれば150㎝から250㎝が大半でしょう。

高さを拡張する場合、ポールを延長して拡張性を出すことは可能です。ですがこちらも最初に設置する際にサイズを計測してから設置場所を決めるようにしましょう。背の高いラックともなると、場合によってはエアコンの風邪なども妨げたり、明かりを遮る形になることもあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です