スチールラックを選ぶ注意点やメリット

スチールラックは丈夫で扱いやすいので、オフィスでも家庭でも利用されることのある人気の家具です。ものを置くために使用することができ、様々なところで活用されています。多くのメーカーで、決まった長さやサイズの支柱や棚板がセットになったものが売られているのが特徴です。セットになっているものは、多くの人にとって使いやすいと思われる棚ができるパーツが全て含まれているので組み立てれば簡単に使い始めることができます。

スチールラックには棚板がメッシュ状に隙間があるものとそうでないものがあり、メッシュ状になっている棚板は板状の棚板よりも軽量だというメリットがあります。当然のことながらパーツが軽いほうが、自力で組み立てる必要がある場合には負担が少なくて便利です。しかし棚板がメッシュのスチールラックは、隙間があるので置き場所によっては埃が溜まることが気になることもあるでしょう。その場合には隙間がない板状の棚のラックの方が良いかも知れません。

また多くの製品で耐荷重が決まっていますが、ワイヤータイプの場合にはあまりに重いものを載せるとワイヤーが変形することもあるので注意が必要です。その点、棚板がメッシュになっていないタイプのスチールラックなら埃や変形が気になることは少なくなります。どちらもそれぞれ特徴がありメリットが得られる部分には違いがあるので、好みや用途に合わせて適したスチールラックを選ぶ必要があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です