スチールラックはインテリアの名脇役

スチールラックと言えばカジュアルな家具の代名詞的存在です。組み立てや分解が簡単な上に、用途に応じて棚の枚数や位置を変えたりパーツを追加できるので、引っ越しが多い人にはとても重宝するアイテムと言えるでしょう。シンプルなデザインなので、設置する場所を選ばないのも大きなポイントです。お部屋だけでなくキッチンや洗面所でも使えます。

そんなインテリアの名脇役と言えるスチールラックは、男前スタイルやインダストリアルインテリア、ブルックリンスタイルにピッタリです。頑丈なのでリビングや寝室でテレビやオーディオ台としても使えますし、キッチンでレンジ台や食器棚として使うと収納力がアップします。また、ラックにポールを渡して洋服をハンガーで掛け、空いたスペースにバッグや靴を並べると、まるでブティックのようでとても素敵です。あるいは、対面に並べた2台のスチールラックをつなぐように棚板を1枚渡せば、収納たっぷりなデスクの出来上がり。

玄関で下駄箱代わりに使うと風通しが良く靴がカビないメリットもあります。このようにスチールラックは、家中の様々な場所で自由に使うことができますが、スチールの色や棚板の選び方で大きく印象が変わります。シルバーのスチールなら軽やかですが、黒いスチールではインダストリアル感が強調されます。同様に、スチールの棚板を選べばシンプルですが、古材を選ぶとインダストリアルにもヴィンテージにも似合います。

ひとつあれば家中のあらゆる場所で活躍してくれるスチールラックを、ぜひインテリアに取り入れてみましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です