スチールラックでの購入時のチェックポイント

スチールラックでのチェックポイントは色々な項目があります。一般的には、棚に積む商品や書類などの重さを意識する必要があります。特に紙書類とキングファイルを利用して書類を保管する場合には重量がとても多くなりますので、注意が必要です。保管する順番に関しても分野別に端から置いていく方法でも問題ないですが、全体的な重量のバランスを考慮して配置していくと床へのダメージが軽減されます。

また、スチールラックの塗装状態も重要です。これは、長期間の保管を考慮した場合に、書類の移動や出し入れが頻繁にあるのか、数年の間保管する事のみを考慮するかです。後者の場合には、ラックが薄い塗装であっても、摩擦によって塗装が剥げる問題はほぼないです。しかし、頻繁に書類の出し入れが発生する場合には、思いキングファイルに入れた書類を滑らすように棚から取り出しますので摩擦によって塗装の劣化を考慮が必要です。

これは、スチールラックという名称通り鉄を利用しますので錆びる事があります。他にも棚の上下をさせる穴の位置も意識する必要があります。穴のピッチが細かくあれば商品や書類の高さに丁度合う高さに調整できます。安価な商品ですとこの調整幅はとても小さいケースがありますので注意が必要です。

また棚を留める方法に関しても値段によって差がでます。一番安い棚であればネジを利用しており電動工具を利用して複数人で棚の上下を行いますが、高級なラックであれば、金具と嵌め合わせを利用してますので工具が不要で調整が可能です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です