長い目で考えたい、オフィスレイアウトとその費用

今の職場が手狭になり、別の場所にオフィスを移したいという場合や、駅から遠くて通勤に時間がかかっていたから駅から近いところにしたいので移転したいという場合など、オフィスを移す理由は様々ですが、新たな移転先におけるオフィスをどうするのかとても大事です。とりあえず机や備品を並べればいいという考えや、会議室や社長室、喫煙ルームなどを常識的な範囲でただ置いていくというやり方ではいけません。どういう意図があってこの空間をこのために使うのかなど、将来的なことを見据えたうえでオフィスレイアウトに取り組む必要があります。また、そのオフィスレイアウトによって費用がかかったにしても、年間の維持費用が下がって結果的には得となることもあります。

ですので、オフィスレイアウトやその費用については目先だけの利益などを求めないようにするのが大事です。IT技術は進化し、今までは配線のためのスペースを確保しながらオフィスレイアウトしなければいけなかったのが、いずれは配線なしで出来る時代が来るかもしれません。また、別の機器の導入でさらなるスペースの確保が必要となる可能性もあります。色々な想定をして、どういう対応でも大丈夫なようにすることがオフィスレイアウトでは求められます。

今の職場だけを意識するとこうしたことができません。将来の展望を描き、それを具現化できるかどうか、オフィスを一新する際に経営者の頭にあるビジョンが如実に出るのがこうしたレイアウトなのです。スチールラックのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です