社員への配慮で変わるオフィスレイアウトにおける費用

社員の働く環境を左右するのがオフィスレイアウトであり、これを間違うと作業の効率を落とすだけでなく、社員の労働意欲が削られ、会社に対する不満が出てきてしまいます。そのため、オフィスレイアウトには失敗が許されず、もし失敗すると、レイアウトの変更に莫大な費用がかかってしまい、本来社員に回すべき費用をムダにすることでそれでもやる気をなくさせてしまいます。どういう環境で気持ちよく働いてもらうか、オフィスレイアウトはとても大事になります。オフィスレイアウトには基準寸法と呼ばれるものがあり、例えば社員が通る動線の部分を90センチとしたり、社員のデスク、座るスペースなどをこの幅にすると決めていたり、そういう基準寸法に沿ってレイアウトが決まっていきます。

このサイズより狭くなってしまうと動線が大変窮屈になったり、仕事がしにくくなったりします。一方、広すぎるとのびのびと働ける分、作業スペースの確保が精いっぱいで他のスペースの確保が難しくなるといったデメリットがあります。ここで大事なことは、どのスペースをどのくらいの広さにし、何を重視するかです。働くスペースを十分確保する代わりにリラックスするスペースを設けない、会議室をなくす代わりに何にでも使えるスペースを設けるということができます。

優先順位をどうするのかによってオフィスレイアウトもそれにかかる費用も大きく変わっていきます。計画性のあるものにすることで働く人も経営者も納得する費用に収まるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です