Skip to content

シール・ステッカーを自分の目印にしよう

自分のアイテムに名前を書くのは子供っぽくて嫌だけど、何かしらも目印が欲しいと感じたことはありませんか。大人になっても細々としたアイテムを持ち歩くことには変わりがないのに、自分のものだという印がないのはなんとなく不安に感じるという方も多いものです。そんな時におすすめなのが、シール・ステッカーを自分のアイテムに貼り付けて目印とするという方法です。ペンやファイル・スマートフォンなど、いつも持ち歩く自分のお気に入りグッズにお揃いのシール・ステッカーを貼ってみましょう。

するとアイテム同士に統一感ができ、自分のものだという印になることに気がつくはずです。いつも持ち歩くものの他に、職場で共同の冷蔵庫に入れておく水筒やペットボトル、ジムで持ち歩くプロテインシェイカーやバッグなどにも貼っておくと、いい目印になります。そういったシール・ステッカーは昨今、様々なお店で市販されています。文房具屋さんはもとよりロフトなどのバラエティショップ、アパレルショップなどいろいろなところで販売されているのを目にすることが出来ます。

市販のものでは満足できない場合、自分のイラストや好きな写真などをシール・ステッカーに加工してくれるサービスも存在しているので、活用してみるのも一つの手です。名札代わりとして、そして自分のアイテムに統一感を持たせるために、このようなシール類を活用してみてはいかがでしょうか。きっと毎日の生活がもっと明るく楽しくなることでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です