Skip to content

シール・ステッカーの部分糊付けも可能

商品に貼り付けるシール・ステッカーというと、全面に糊付けがされたものを想定する人が多いでしょう。しかしながら、近頃は商品の販促のためのPOP用にシール・ステッカーが用いられる機会が増えています。ドラッグストアなどで商品を見てみるとよくわかりますが、シールの一部だけが糊付けされていて、それらが商品に貼り付けられています。こうしたPOPようのシールは、それ専用に印刷と糊付け加工がなされていて、印刷から糊の加工までを専門に請け負う印刷会社が存在していることは、意外と知られていません。

POPシールは、店頭で商品を目立たせることを目的として、広く用いられているのです。それらは一部だけに粘着性のシール加工がされています。シール・ステッカーの印刷を請け負う企業では、POP用のシールを制作する際に、糊止め加工という特殊な技術を用いて糊の粘着性を乗り除く加工を行っています。POP用シールというのは、商品に貼り、消費者に商品をアピールするために用いるのです。

このように、シール・ステッカーの糊の加工というのは、商品をアピールするためのPOPとして広い用途にて活用されています。こうした加工はシールの印刷会社が一手に請け負っていて、大ロットで受注をしています。シールのデザインに関しては、発注を行う企業が入稿する必要です。しかし、印刷会社もベースとなるデザインをサンプルとして提供することができるので、要望があればデザインを提案できます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です