Skip to content

シール・ステッカーを自作する

さまざまな場所や製品に貼ることが出来るシール・ステッカー、購入しようとしてもなかなか自分の好みの絵柄や大きさがないことも多いです。そこで自分好みのシール・ステッカーを、自作してみるのはいかがでしょう。意外に簡単に作ることが可能なので、騙されたと思って挑戦してみてください。用意するのはパソコンとプリンター・画像編集ソフト、それにラベル用紙とプリンターです。

ラベル用紙は貼るものや場所によって選ぶ必要があり、普通紙や光沢紙・フィルムタイプなどから選びます。普通紙は紙なので名前などを貼り付けるときに使えますが、水に弱いので注意してください。光沢紙は発色が良く、イラストや写真などに向いている用紙です。フィルムタイプはガラスや鏡にも使用出来、耐水性や耐久性もあり剝がしても痕が付き難い特徴があります。

シール・ステッカーの作り方は画像編集ソフトでデザインを選び、「JPEG」か「PGN」方式で保存しておきます。ウィンドウズ製品ではワードやエクセルに、アップル製品ではページやナンバーズに画像を並べラベル用紙に印刷します。印刷が完了したらはさみで切り取り、好きな場所へ貼り付けます。失敗が心配な場合には最初に普通紙で試し刷りをしてから、ラベル用紙に印刷すると良いです。

画像はフリーソフトも沢山あるので、それらを利用すれば安価にシール・ステッカーを作れます。ラベル用紙は100円ショップでも購入が出来ますので、ぜひ自作をしてみてください。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です