スノボに行く時にバスで酔わないようにする

スノボに行く時にバスを利用して行くようにすれば、自分で運転をする必要もありませんので、思い切り滑って疲れ果てた後でも問題なく家に帰ることが出来るようになります。無理なくスノボに行くためにもバスを利用してみるといいでしょう。スノボにバスで行く時に気を付けなくてはならない事は、車酔いをしないようにするという事です。普段は車に乗っていても車酔いをしない人でも、バスとなると臭いが気になる場合がありますし、揺れが激しい場合もあります。

そして目的地はスキー場ですので、山道を通っていくようなスキー場であれば、揺れも激しくなるでしょう。そうなると、車酔いをしやすくなるのです。万が一車酔いをしてしまえば、スキー場に到着をしても、すべるどころではなくなってしまいます。気分が悪いままスキー場で過ごしてしまえば、何をしに行ったのかわからなくなるでしょう。

普段乗り慣れていない人の場合は、酔わないようにいろいろと気を付けなくてはなりません。例えば、あまり空腹でも満腹でも気分が悪くなりやすいですので、腹八分程度に食事をしておくことです。そして座る位置としても、出来るだけ真ん中辺りの座席を選ぶようにしておくといいでしょう。真ん中あたりであればタイヤとタイヤの間になりますので、揺れが少ない場所になります。

揺れが少なければその分酔いにくくなりますので、早めに席を確保することです。前日にはしっかりと睡眠をとり、快適にバスでスノボに行きましょう。スキーツアーのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*